生活においてのテーマは“貪欲”
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とりあえず適当に、パリスの旅を綴りました。
もっと語りたいこと、載せたい写真はありますが、とりあえずこんな感じで。

テンションはパリスモード編
 
Mは悲劇ぢゃなくて歓喜編

厄払いパリスでは効かず編

芸術は秋だけぢゃない、貪欲に年中編

ブラッディクロスのヒコウをついた編
 
ヘッドホンセットバッチグー編
スポンサーサイト
帰国の日。
いつもより早く起きて、ホテルを出た。
やっぱり空港で迷うことを警戒して、早め早めの行動をね。

って、かなり早すぎた。
でも、そのおかげでゆっくりできたし、電話もできたしよかった。

オレらを載せた飛行機が、シュルル・ド・ゴール空港を出たのが14時過ぎ。
行きの飛行機でもらえなかったヘッドホンセットを巧みに使い、『フライ、ダディ、フライ』を堪能した。
行きは画像だけで、想像力を必死に働かせていたのがバカらしく思えた。
でも、まぁいい話でちゃんと音声が聞けてよかったな。

行きと同様、香港経由で関西国際空港へZZZZZZzzzzzzzzz...
当初、予定していたモン・サン・ミッシェルは、お金と時間とガッツに相談して、行かないことにした。
だから、一日ゆとりができた。
土曜日、蚤の市がある場所で開催されている。
それを知ったオレとガンツはヴァンヴの蚤の市へ。
20060306033233.jpg

思った以上に魅力的なものがたくさんあって、ゆっくりゆっくり歩いて品物を見てたから、気づけばだいぶ時間がたってた。
オレはそこで何も買うことはなかったけど、行ってよかったと素直に思えるほど魅力的な場所やった。

フランスは土日は店があんまりあいてなくて、オレらが行ったロケット通りも例外ではなくて、古着屋通りのロケット通りはあまり人が歩いていないさびれた感じの通りやった。
たぶんきっと平日は、若者でにぎわってるんやろうなと思った。

もう自由人なオレとガンツは、フランスの大きなデパート、ギャラリー・ラファイエットへ向かった。
なんかホンマにでかくて、日本にもありそうなブランドが多かったからあまり収穫はなかった。
でも、なんか日本で買い物してる感じが少しあって、悪くはなかった。

この日の夜は、初日にリベンジを果たそうと決めたお店へ。
前菜とリッチなメインとワインを注文して、見事リベンジ成功・・・・
と、言いたいところやけど、チップのことで少しテンパった。
200602260326000.jpg

テーブルにお金を入れる皿を置かれるんやけど、普通はその皿にお金を置いて、精算を待つ。
ほんで残ったおつり、もしくはサービスに見合う小銭をおいていく感じらしいねんけど、
そのお店のウエイターはお釣りの皿を持ってくることはなく、仕事をこなしていた。
オレとガンツは、そのウエイターがお釣りを返すのを忘れているのか、もうチップとしてもらっていったのかわからず、テーブルにひたすら座っていた。

すると、不思議に思ったのか、ウエイターがやってきたから、お釣りのことを聞くと、「チップはくれないのか」みたいなことを言ったから、それでようやく理解した。
リベンジ成功とははっきり言えない状態で、オレとガンツは店をあとにしたのだった。
4日目はがっつり芸術デー。
ルーブル美術館、オルセー美術館を堪能。

この日は、ホンマに人生でトップにくるくらい感動した日。
美術の教科書でしか見たことのない絵や像を目の当たりにすることができた。

20060306032746.jpg
ルーブル美術館では、モナ・リザ、ニケ、ハムラビ法典、ミロのヴィーナス、アルテミス、ミケランジェロ、プシュケ・・・・まだまだたくさんの、有名な、吸い込まれるような作品が展示されていた。
ド・ラ・トゥールの『いかさま師』、デューラーの自画像もかなり感動したな。

オルセー美術館は、絵画が好きなオレにとって、ルーブルの上をいった。
マネ、モネ、ドガ、ルノアール、ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、セザンヌ・・・・・素敵だ、素敵すぎる。
魅了されっぱなしやった。
絵の前に無心でボーっと立って、完全に違う世界に逝ってた。

この二つの美術館にいけたことはホンマに感動して、いっぱいいっぱい伝えたいけど、文章にしたらちっぽけなものになってしまいそうやからやめとく。

オレ自分の買い物って、この二つの美術館の図録だけやな。。。
まぁオレのコレクションが増えて、ウキウキな感じやからええけど。20060306032755.jpg


そういえば、この日はガンツが厄日。
連日の旅に疲れて、体調壊してた。
しょうがないか、なんせ歩きすぎな旅な上、昼飯をほとんど食べてなかったし。 

ガンツが寝静まり、オレは一人荒川選手のパフォーマンス演技に魅了されていた。
買い物デーと名づけた3日目。
とりあえず身近な人、よくお土産をもらう人にお土産を買おうみたいな。

とはいえ、一日買い物するのはもったいないので、モンマルトルの丘へ。。20060306032514.jpg
芸術地区ってのもあって、町中で似顔絵描いてあげるよ、みたいな感じの人が多かった。
描いたら金をとることも見え見えなのに・・・・

ただ、面白かったのがオレらの気を引くためか、「ナカタ、ナカタ」って言ってた。
フランスやぞ、ここは。せめて「マツイダイスケ」と言っておくれよ。

勢いよくエッフェル塔へ。
高さにはそれほどビビらなかったけど、やっぱ寒すぎて寒すぎて。
上に登るエレベータの中で、外人の女の子を笑わせることができるかガンツと挑戦。
正確にはオレが挑戦w
結果は○に近い△といったところ!?
一応笑ってくれたっぽい。

エッフェル観光が終わったら、買い物モード。
シャンゼリゼ通りは汚らしいオレらには似合わず、サンジェルマン通りでふらついた。
満足のいくものが数点買えて、買い物成功。
貧乏旅行の割りに、むちゃくちゃ買った。
お土産ばかり・・・・
スーパー万歳!あの伝統お店万歳!
20060306032231.jpg

そういえば、この日は、オレ厄日やった。
カバンの中でペットボトルの水が全部こぼれるし、トイレ探しても見当たらなくて、仕方なく有料のトイレにかけこんだし。
膀胱がマジで破裂しそうなくらい我慢したんやけどな。

まぁ20セント拾ったから、よしとするか~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。