生活においてのテーマは“貪欲”
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々ひでが我が家を訪ねてきた。
いつもどおり急に。
なんでも受け入れるのがオレ家。
酔っ払ったオヤジがなにか言っていたがお構いなくオレ部屋へ。

PCで100曲シャッフルで盛り上がる。
いろんな人のブログを見て盛り上がる。
ハセキョー見て盛り上がる。

ってな具合で気づけば3時半。
肌寒い中、ひではチャリで帰って行った。
その後、ひでオススメのテンプレートに変える。
6月になったから!ではなく、ただなんとなく。

そんなわけでまたまた余裕の3時越え更新。
今日はひでが来ていたからしかたない、ということにしておこう。
スポンサーサイト
「出会いが最高っす」
バイト中盛り上がった。
よくやる。
期限を決めて、彼氏or彼女を作ろう、みたいなことを。
その期限が一応、五月末。
満たしているのは5人中1人。
これでは面白くないと、期限延長。
これもよくやる。

「出会いが最高っす」って言った子は、最近頑張っている。
いや、頑張っていた。
いい子見つけて、「頑張るっす」って言ってる。
いや、言ってた。
でも、「なんかもういいっす」って言ってた。
いや、言ってる。

もう一人は、よく大学のサークルでコンパをするらしい。
だから、出会いは結構ある。
「紹介してもらいいや」とオレが「っす」に言うと、
「それはいいっす」と言った。
出会いが最高らしい。
その出会いは紹介の出会いではないらしい。
まぁわからないでもないが。

ふと気づく。
いつもオレはこのトークを観戦してる。
傍から見てる。
参加しているようで参加していない。

企画の言いだしっぺはいつもオレ。
でも、一番動かないのもオレ。
なんか矛盾してる?
どんな出会いにしても、もっと貪欲になったほうがいいのか。
なんかその辺腰が重い気がする。


最近、更新するの3時過ぎてしまってる。
もう少し早く書くように心がけよう、と意気込んでみる。
炎天下でサッカー。
12時から17時くらいまで。
よくわからんチームの助っ人ということで行ったけど、正直呆れた。
サッカーしてよ、みたいな。

だから、試合は適当。
待ってる時間のほうが汗をかいた。
これってどういうこと?

試合後、物足りなさを発散させるため自主練。
捻挫した足ではいつものキックが出来ず、、、悩む。
それでも今は数を蹴るしかない。
足に当たる感触、ボールの軌道を何度もチェック。
今日の収穫は自主練にあり!やな。

夕方、サイゼ○ヤで飯食ってたら、知らない番号から着信が。
どうせ就活関係やろ、と思って出てみる。
すると・・・

「小学6年の時、同じクラスやった・・・・」

と、電話からなつかしい奴の声が聞こえてきた。
話は盛り上がる。
ただ、思い出話に華を咲かせるまではいかず。
なんか同窓会をやるらしいので、手伝ってほしいとのこと。
ド暇人なオレは気軽にオッケー。
何をするかは知らんけど、メンバーに入った。

ずっと小学6年の同窓会をやりたいと思ってたから、かなり嬉しい。
やろうと動き始めた奴に感謝。
感激。
雨。
嵐。
最近コンビニで働いている友達に廃棄するお弁当をたくさんもらっている。
今日もかなりいただいた。

鳥丼、焼きそばパン、カツサンド、ベーコンたまごサンド。

持つべきものは友達かな。
なーんて言いたくなるような恵まれっぷり。
バイト上がりにはたまらないものばかりだ。
弟にもあげて、一瞬で全部たいらげた。

なぜ、こんなモノを廃棄してしまうのか、と。

賞味期限もあるが、回転の速いコンビニの中でしかたがないか。
これからも回転の速いコンビニにおいしい思いをさせてもらおう。
おっと、違った。
よき友においしい思いをさせてもらおう。
HMVに1時間・・・
とにかく視聴しまくって、良いCDを発掘してた。
ほしいと思ったのが5枚。
お金はそれなりに持っていた。
が、このお金。
使ってよいものか。

就活で貯金がなくなった。
そんなに貯金してなかったのが悪いけども。
旅行行きたいし、合宿もあるしで金使えない状況。

でも、ほしい。
  ・
  ・
  ・
もう少し考えよう。
そうだ。
ツタヤに置いてあるかも。かも、かも。

で、行き着けのツタヤではないツタヤへ。
こっちのほうがかなりでかい。
U冶のツタヤと同じく、本まで置いている。

携帯にメモした名前を見ながら探す探す。
「あっ、あった」
「うぉっ、あるやん」
「これもある」

ってな具合にビッグツタヤに驚かされた。
行き着けの方は、邦楽・洋楽ともに数が少ない。
だが、ビッグツタヤはかなり量が多い。
「ツタヤに置いてないから」と買っていたCDまで置いていた。

びゅーてぃふる!!

起きたら音楽(ラジオ)、飯食って音楽、寝る前に音楽。
最近、音楽が欠かせない。
その生活をサポートするかのような、ビッグツタヤの在庫。
これは行き着けが変わるヨカーン。

家から行き着けまでは、原付なら7分、車なら7分。
家からビッグツタヤまでは、原付なら10分、車なら12分。
大差はない。
カードも一緒のやつでいけるらしい。
もう決まりではないか。
燃えすぎた。早朝から。
このままでは終わらないと思っていたが、ひっくり返すとは・・・

ACミラン vs リヴァプール

前半3-0でミラン、後半3-0でリヴァプール。
延長戦も同点のまま、PKへ。
セードルフははずすわ、シェフチェンコははずすわ・・・
まさかの大逆転!リヴァプールの勝利。

どっちを応援していたとかはない。
まぁ久々のイングランドチーム優勝でよかったのかも。

オレはいつもどおり特定の選手に注目してた。
今回はカカ、ジェラード。
プラス、セードルフ、ピルロ、ルイス・ガルシアかな。
なにせ注目したい人多かったもので。

前半は、カカ、ピルロがキレキレ。
後半は、ジェラードがキレキレ。

うますぎる。
それぞれプレースタイルは違うけど、チームのエンジンとなってるのがすぐわかる。
確かにシェフチェンコ、クレスポの飛び出しはすごい。
けど、あの動き出しにピタリと合わせてくるカカ、ピルロはもっとすごい。
この試合で改めて思い知らされた。

思い知らされたといえば、15分の大切さ。
実際やってたからわかるけど、ハーフタイムはかなり重要。
ただの休憩ではない。
ムードを変える、戦略を変える、流れを変える・・・
たった15分で試合を大きく変えることができる。

まさに後半のリヴァプールがそう。
前半グダグダやったのに、後半見ちがえった。
ミランはその変化に対応できず、立ち上がり15分で3失点。

追いつかれたミランと追いついたリヴァプール。
崩れず、そこから立ち直ったミランには貫禄を感じた。
けど、最後に力尽きた。

今回の試合のキーワードは・・
そう。
『ハーフタイム』

一気に流れを変える采配をした監督、うまく実行した選手。
文句なしの優勝だろね。
キューウェルをスタメンに持ってきたのには、
「ハッ?」と思っちゃったりもしたけど♪
早く戦わせろ。
いつも一歩遅れて進んでいる。
今日、ようやく出会ったと思ったら、すぐに消えてしまった。

ククールが仲間に入ったが、レベル上げすぎてうまく馴染めていない。
足を引っ張りすぎている。
キメラのもえさかるほのおを喰らってすぐ瀕死になる。
主人公、ヤンガスがやたらとダメージを与えてくれるのでなんとか戦闘はスムーズだが。

今回のスキルアップのシステムがいまいち掴めていない。
失敗しているような気がしてならない。
FFXでいうスフィア盤か?
今は適当にやっているが、うまいこと修正していかなければ。

おっと、話が長引いてしまったぜ。
今、約5ヶ月我慢したドラクエ8をウキウキでやっているわけだ。
読書、映画鑑賞と並行・・・・
と言いたいところだが、今のところはドラクエ8ばかり。
サッカーか、ドラクエ8かという感じだ。

ドラクエ、FFをやらない人は人生の楽しさの5分の1を知ることができない。
と、爆弾発言を残して退散してみる。
ドラクエで言う「にげる」だ。
どうかまわりこまないでおくれ。
朝電話をする。
ユニへの最終報告。
ずっと待ってくれていた。
「納得するまで・・・」
何度も言ってくれた。
正式な返事をすると、かなり喜んでくれた。

人事の人とは、それまでだいぶ喋っていた。
近況報告からちょっとした雑談まで。
相談にも乗ってもらった。
その人たちと来年から一緒に働くことになった。

会社が決まったからと言って、レールが敷かれたとは思っていない。
電車とは違う。
自分で作ろうと思ったときに道を作る。
いろんなトコに進むことが出来て、尚且つそれがつながっている。
例えるなら、くもの巣か。

自分の可能性はかなり開けている。
そう思っている。
夢は破れたが、自分には世界が広がっている。
ドラクエ8のように。
だから、もう振り向かない。

鈴木隆之が言っていた。
「前に進めなくなったら、進めるまで平行移動する」
くもの巣とは少し違うが、ニュアンスは同じだ。

これから可能性のネットの拡大を図ろう。
大学へ。
授業ではない。
久々トリオの集合。
オレ、かんたそ、とし。

としとは結構会っていたが、かんたそは久しぶり。
相変わらずかわゆかった。

昼飯を食べながら、トーク、トーク、トーク。
GBの量の多さを改めて実感。
でも、うまかった。
また行こう。

相変わらず雨が降る。
別に嫌いではないが、もう少し予兆がほしいものだ。
いきなり雲行きが怪しくなって、途端に降る。
嫌いではないとはいえ、濡れるのは好きではない。

最近、ブログの内容がグダグダになっている。
新聞落ちて、書く気もなくしてしまったか。
まぁこういうのが続いても悪くはないか。
もっといろんな工夫はしたいと思うが・・・。
ザ~~~ッ!
嫌な予感。
テクテク・・・
やっぱり。

今日は復帰第一戦のはずだった。
それが雨のため中止。
ありえない。
昨日は見渡すかぎりの青空だった。
何ゆえ・・・

予定が一気になくなり、ひきこもり野郎に。
溜まっていたドラマを3本、サッカー、ゴルフ。
ひたすらテレビを観ていた。
ゴルフはかなりアツイ。
諸見崎さんの悔し涙が心に響いた。

ホントはプレーをして熱くなるはずだった。
雨のバカヤロウ。
スッキリ爽快。
午前中、行きつけの美容院でカットしてもらった。
髪と同時に気分も軽くなる。

その勢いで、待ちに待った兵庫県立美術館へ。
美容院の人にはバスで行くように薦められた。
が、ウォーキングがマイブームなので迷わず歩く。

潮の臭いが汗ばむ陽気を冷ましてくれる。
海を右手にひたすら歩いた。
地図はまったく見ていなかったので、なんとなくの方向しかつかんでいなかった。
そのため、途中コンビニの店員に道を聞いた。

道は間違っていなかったが、まだ来た道の半分以上あるとのこと。
それでも迷わず歩くことにした。

すると、復興住宅街に入った。
立ち並ぶマンション。
神戸らしさがあまり見られなかった。
しかし、憩いの場があったり、公園があったりした。
そこで、その地域の人たちが集まって喋っていた。
ここに住む人たちがしっかりと前を見て歩んでいることを感じた。
嬉しかった。

まだ復興途中ということもあり、工事している場所がある。
車通りが多くなることを予想された広い道路は、まだ静けさに包まれている。
それでも、この地域に活気のようなものが感じられた。
また行きたい。
この場所が好きになりそうだ。

まだまだ歩く。
すると神戸を感じさせる建物が遠くのほうに見えた。
美術館だ。
しかし、その手前にとても新しい建物が建っている。
何かと立ち寄ってみる。
[神戸を行く]の続きを読む
就職活動。
なんとなくやって受かるとこもあれば、熱意こめても落ちるトコもあった。

新聞の筆記の勉強は、ありえないくらい頑張った。
でも、通過せんかった。
上には上がいる。
そういことやな。

結局、マスコミは情けないくらい最悪な結果。
正直、思い出すだけでつらくなる。
でもこれが実力。
受け止めるしかないorz

とはいえ、今日はかなり落ち込んでた。
昨日電話かかってこなかった時点で落選ってわかってたから。
予定してた美術館も行かず、行く当てのないドライビング。
むなしさだけが募った。

明日からは気持ち切り替えていく。
倍率がかなり高い企業の内定持ってる。
志望度もかなり高い。
何もへこむことはない。
前向きに考えよう。

とゆうわけで、明日は美容院へ。
2ヶ月近く切ってない髪。
ちょっとくらいはっちゃけてもいいよなw

今日をもって、長い就活に終わりを告げます。
話を聞いてくれた子には本当に感謝してる。
まだやってる子もいっぱいおるし、できることあったらしてあげたい。
来年、みんなが笑っていられることを心から願う。
やけになっている。
だから日記も適当になる。

今日ゼミでばやに2チャン○ル用語を聞いた。
画期的だった。
だからチャンネラーへの道を踏み出そうと思う。


電話がこなかった。
第一志望の新聞社から。
正直、ゼミ中もかなりへこみかけていた。
なんとか明るくは見せていたが・・・orz

一応20日までに、ということだがもうダメだろう。
いや、明日かかってくることをキボンヌ。
    ・
    ・
    ・
ダメだ。
すでに挫折してしまっている。
チャンネラーへの道は険しい。
遅寝早起き。
生活リズムを取り戻しつつある。
今日は朝からずっと行きたかった美術展へ行こうと思い、8時起床。
いつものように眠りかけでご飯を食べていると、日差しを感じない。
まるでオレの行儀悪さを正そうとするかのように眩しく照らす日差しがない。
外を見ると、今にも雨粒が落ちてきそうな雲がどんよりと見下ろしている。

「これではダメだ」
散策も兼ねて考えていたので、行く気がなくなった。
せっかくの予定が狂うと、イライラする人がいるかもしれない。
だが、今のオレは違う。
とにかくやりたいことだらけだ。
映画、読書、ドラマ、ゲーム、運動・・・・
挙げたらキリがない。

溜まっていたドラマを見て、読書、ゲームとバイトまでの時間を有意義に過ごした。
とにかく今、やりたいこと、行きたいトコで溢れている。
今週はゼミ、美術館、美容院、サッカーだ。
来週あたり、としくんの誘いを受けられる時間を作らなければ。
久々の映画館。
平日の午前中はかなり快適。
250人以上入るシアターに、今日は25人前後しかいなかった。

観たのは待ちに待った真下さん。
「踊る」シリーズの大ファンとしては一刻も早く観たかった。

前回の『MOVIE2』で交渉人として現れた真下。
巧みな話術で事件を解決へと導いた。
その彼が今回の主役。

いろいろ意見を持ったけれど、ここで書くのはどうか、と。
自分語録とはいえ、見てくれている人に対してネタバレはよくない。
このブログになってから初めての映画ネタ。
まだ形式を決めていないので、今回は試作としてやってみよう。


◎評価
S、A、B、C、Dの5段階

・内容:B
・テンポ:A
・サウンド:A
・テクニック:A
・引き込み度:A
・手に汗握る度:B
・予想裏切り度:C
・笑い堪えきれない度:B
・総合評価:A

※あくまで主観
3ヶ月半。
長かった。
今日深夜サッカーに復帰したのだ。
ボールに触れる感覚はなんともいえなかった。

オレが所属してるチームの練習時間は、だいたい0時から3時。
街灯の明かりしかない公園の広場でやっている。
ボールが見えず、トラップミスすることは多々ある。
だが、今日のオレには明かりなんて関係ない。
長い間サッカーから離れていたため、思ったトコロにトラップが出来ない。
何度もミスし、何度も決定機を逃した。

3ヵ月半は、やはり長かった。
最後の方には感覚を取り戻したものの、本調子には程遠い。
日曜日からリーグ戦が始まる。
それまでにもう少し感覚を取り戻さなければ。

離れているといえば、就活の面接もそうだ。
3ヵ月半とは言わないが、離れてからもう1ヶ月たつ。
もし、新聞の筆記が通ったら・・・
本調子を出せない。
サッカーのようにミスして、決定機を逃すなんてことはできない。

えっ、「もし」なんてない?
夢くらい見させてくれてもいいではないか。
可能性がゼロに近くても、期待だけはさせてくれ。
ついにやってきた運命の日。
と、大げさな出だしで入ってみる。

でも、人生の革命の第一歩かもしれない。
心残りはない。
いざ出陣。
ドラクエ作戦で言えば、ガンガンいけ!
あっているか微妙だが、一人でまさに作戦決行。

一般教養、英語、作文A、作文Bをこなす。

出来は・・・・
少なくとも、できたとは言えない。
だが、終わりは終わり。
振り返ってもしかたがない。
結果を待つのみ。

というわけで、長いひきこもり生活に終止符を打ったのだ。
歓喜の瞬間。

帰宅後、すぐに地元の友達と焼肉へ。
なんのためらいもなく、ビール、ビール、ビール。
頑張りの後のビールはまさに絶品。
就活中のオレはまさにオヤジ。

このままではビール腹になってしまう。
さぁ明日からトレーニング開始。
というか再開。

まるで就活が終わったかのような発言。
そんなことはない。
良い結果をもちろん願っている。
ただ、ひきこもり生活はあまりにつらすぎた。
だから船を出したい。
一刻も早く。

朝日が顔を出すと同時に、オレの大冒険が始まるのだ。
と、大げさな発言で終わってみる。
いつもどおり音楽を聴きながら、ひたすら勉強。
一世一代の頑張りを見せた。
遅すぎるくらいの。
はっきり言って、自信がもてるほど頭に入っていない。
だが、人生最後の就活に向けて突っ走るしかない。

そのときふと耳に入った。
今のオレを励ますかのような曲が。

♪負けないこと 投げ出さないこと 逃げ出さないこと 信じぬくこと♪

ここまで歌詞に背中を押されたことがあっただろうか。
懐かしいこの歌、この声がオレのモチベーションを上げてくれた。

♪涙見せてもいいよ それを忘れなければ♪

いくら自分が行きたいと思っても、それが叶うとは限らない。
とても狭い門だ。
夢破れる可能性は高いが、明日は真正面からぶつかっていきたい。
自分を信じて。


今日の一曲 大事マンブラザーズ/それが大事
今週の水曜日に放送された『トリビアの泉』を今日観た。
録画していたのは、ある企画が観たかったから。
企画名「彼女は彼氏がトイレに行って何分で大便だと思うか」
トリビアの種というコーナーでやっていた。

はっきり言って、アホの極限まで行った感じ。
フジだからできると言っても、過言ではない。
70組のカップルを調査し、平均をとる。
その結果は・・・・

4分15秒

この数字にどう感じるか。
長いとみるか、短いとみるか。
オレの予想としては4分だったので、予想通りといった感じか。

トリビアはオレの予想をいい意味で裏切り続ける。
ネタがなくなって終わると思ってた。
へぇに慣れてしまって終わると思ってた。
けど、今はへぇがとれなくても問題ない。
いかに映像で勝負するかに賭けている。

オレの意見としては、ゴールデンで放送され始めた頃よりも、今のほうがおもしろい。
企画、映像がかなりアホらしいし、高橋さんも絶好調やし。
ってかこの番組、スタッフと司会二人の力がかなりすごい。
と、思う今日この頃。
いつものようにすがすがしい朝日を見ることはできない。
いつものように差し込む日差しも、もちろんない。
薄暗い空。
とても気味が悪い。

突然のゼミ休講連絡も重なり、肩から力が抜けた。
そのせいか、勉強にとりかかることも出来ず、ぐだぐだと過ごしてしまった。
加速する欲求不満にさらに拍車をかけた。

気分を入れ替えるために、外へ出た。
試験が終わるまで我慢しようと思っていたCD2枚を買うために。
久々にいろいろなCDを手に取った。
それだけで、なんか嬉しかった。
気分転換成功。
CDを購入して帰宅。

それからは勉強。
新しい曲があると、意識が音楽にいってしまう。
しかし、何もしないまま時間を過ごすよりはマシだっただろう。

少し下がった欲求不満ゲージ。
また、明日、明後日と上がっていくだろうが、あと少しの辛抱だ。
週刊新潮にこんな記事があった。
『「記者会見で罵声」を浴びせた「ヒゲの傲慢記者」の社名』
としくんのブログにもあった例の記者だ。
自分としても、「発想の転換」で違う視点から書いたにせよ、
正直ワイドショーを観ていて息苦しかった。
その彼の社名を明かそうというものだ。

正直言って、この記事には呆れた。
確かに彼の発言は言いすぎていた。
しかし、罵声のような発言は他の記者にもあったはずだ。
実際、事故から少し経過したときにもテレビで見かけた。
また、テレビに映らない会見場でもあったかもしれない。

JRの取材に対してもそうだが、結局マスコミは人の味方につこうとしているだけにしか感じられない。
テレビ、雑誌は特に、面白くなければ収入が上がらない。
だからといって、人に媚びるような姿勢は良いとはいえない。

人とともに、機械的な発言、謝罪するJRを叩き、
人とともに、目だって罵声を浴びせかけた記者を非難する。
これでいいのか。

私の目には、同じことを繰り返しているようにしか見えない。
目が回るのも時間の問題か。
あなたたちは何様か。
決してヨン様ではない。
もちろん神様でもない。
勘違いしている。

JR西日本に嫌がらせを浴びせる人が増えている。
暴力、暴言、運転妨害、運転席撮影・・・
どれをとってもおかしなものばかりである。

今、JR社員に当たっても何も生み出さない。
その前に嫌がらせをする権利すらない。
ただの営業妨害と言っても過言ではない。

これまで多くの人がJRを利用してきた。
もちろん今も利用している。
その中で便利だ、助けられたという人は少なくないはずだ。
確かに今まで乗っていた電車がいつ事故してもおかしくないと考えると、ぞっとするし、腹立たしい気持ちになる。
だが、欲求を満たしてくれていたことを忘れてはならない。

現在、JRから阪急に乗り換えている人にある調査が行われた。
「鉄道会社に何を求めるか」
今の状況もあって、「スピードや利便性よりも安全性」を求めた人は59%だ。
ここで注目したいのは「安全性を確保しスピードや利便性」を求めた人が35%だった。
欲望丸出しの答えといってもよい。
でも、これが現実だろう。
事故の熱が冷めれば、この調査結果は変わる。
35%以上になることは確かだ。

人は欲望の塊だ。
歴史を考えても、それがよくわかる。
今、一部の人々の欲望は利便性を追求していたJRをいじめることに向けられている。
この欲望は、他の人に迷惑をかけるだけだ。
まだ、この状況で利便性を求めている人のほうが素直で良い。

もう一度聞きたい。
あなたたちは何様か。
私にはヨン様でなければ、お客様でもなく、ただのヨソ様にしか見えない。
JRの事故の報道について、議論が飛び交っている。
JR西日本の人命軽視
マスコミはやりすぎ。
記者の怒号。
どれも間違っていないだろう。

ここで、この意見の逆を考えてみたい。
自分の意見というより、ちょっと違った見方をしてみる。

「JR西日本の人命軽視」
誰もが持ってしまったイメージだ。
関係のないことで、職員に文句を言う人がいる。
職員一人一人がみんなこのイメージを持たれてしまっているのだ。
この植えつけれられたイメージは危険ではないか。
電車にひかれそうになった一般人を、線路に飛び込んで救出した職員がいる。
身投げした人を助けようとして、殉職してしまった職員もいる。
現在の人々の視線が、体を張って人命を救う、救おうとした職員を追いやることにならないだろうか。

もし、今マスコミがあまり報道しなくなっていたらどうか。
同じ過ちが起きてしまう状態が全国に残らないか。
遺族のやりきれない思いは、一瞬で忘れ去られてしまわないか。
いつどこで何が起こるかわからない、という意識を持ってもらえるか。
おそらくまだあるだろう。
どんな会社も人の信頼で成り立っている。
マスコミがいくら騒いでも会社は簡単に変わるものではない。
人の視線が重要なのだ。
そのため、報道することで人々の視線をJRに向けることは必要ではないか。
それが今後のJR、私鉄、他の会社に、効果を発揮することにつながらないか。

ただの怒号だろうか。
これまでJRは、とにかく事実を隠してきた。
事実はすべて話すと言っておきながら。
決められたことを決められたように話すJR役員。
毎日のように会見が行われる中、記者はうんざりしているだろう。
隠蔽体質、機械的発言、謝罪。
繰り返されるこの循環。
会見といえど、人間対人間だ。
もしこんな人が自分の目の前にいたら、その人を信じることができるか。

と、いろんな意見を参考に発想を変えてみた。
自分の意見とは言えない。

だが、一つ確実にいえることがある。
それはこの事故、この議論の中には忘れてはならないことがたくさんあるということだ。
まだ、報道は続くことだろう。
そこからも見えなくなってしまっているものを探し続けたい。
梅田から30分近くかけて、大阪国際会議場まで。
ふと思う。
マイスポットにしようか。
この道は空気が悪すぎる。
面白い人とすれ違ったな。

普段歩かない道を歩くと、五感がフルに働く。
とくに、視覚と嗅覚。
必要以上にキョロキョロし、気持ち悪いくらい臭いをかいでいる。
周囲の人が見たら、まさに田舎者。

それでも五感はフル稼働を止めない。
心地よい時間がゆっくりと流れる。
これだから未知の領域を探検するのはやめられない。


新聞筆記終了後、かずっちゃんと一緒に駅まで歩く。
思えば、就活が始まってあんまりかずっちゃんと直接話してなかった。
話したいことはいっぱい。
だが、時間はあっという間に過ぎる。
気づけば駅付近。

かずっちゃんと別れ、再び歩く。
本探しと母の日のプレゼント探し。
目ぼしいモノは見つからなかった。
買うなら徹底的に良いものを買う。
この気持ちが先行し、探すのを断念。

帰宅後、まったく期待していなかった母に説明し、許してもらう。
むしろ、考えてたことに少し喜んでくれたみたい。
そんなオレは親思いではないのか。

夜、サッカーのメンバーに会う。
そして、思う。
2月に怪我をしてから、運動していない体。
そろそろ動かすか。

サッカー再開だ。
就活で存分に歩いた。
次はランニング。
ボールタッチ。
ダッシュ。

回復の道をゆっくりと、着実に歩こう。
今までの人生で経験したことのない体調不良で、ここ最近何をしても力が入らない。
昨日もバイト中、何度も吐き気がしてとてもつらかった。
今はまだマシだが、相変わらず食欲不振は続いている。
こんな状態で明日新聞の筆記を迎える。

予定どおりに勉強ができなかったことは確かだ。
それでも時は待ってくれない。
いくら体調が悪くても、体調を管理できない奴が悪い。

明日は無謀なチャレンジと言ってもよい。
今日見直しをすると、かなり頭から抜けてしまっている。
これでは難関の新聞の筆記を通過できると思えない。

就職活動から離れすぎて、本当に新聞記者になりたいのかもわからなくなっている状況。もう一度気を引き締めるために、明日の時間を有効に使いたい。

かなり勉強しても、良い結果を生み出すのは簡単ではない。
とはいえ、今さら弱気になっても仕方がない。
やってきたことに自信を持って臨みたい。
それでダメならしかたがない。

体調不良で気持ちが下向きだが、明日は無理やり上向きにしてぶつかっていこう。
ここ最近、母の日を2,3日早く体験している。
丸3年宅急便の仕分けのバイトをしているが、母の日前は激しく花が送られてくる。
荷物が届くのは送ってから2,3日後。
そのため。仕分けるのも2,3日前ということになる。

これがまた恐ろしくしんどい。
残業1時間以上は当たり前だ。

ただ、一つ一つの荷物を見ていると、母への感謝の気持ちが見えてくる。
大きいものから小さいものまで。
毎年送っている人、初めて送った人、さまざまな思いがこもった花が送られてくる。

その過程に携わっていることがいかに素晴らしいことか。
と、ここで述べたいが、口が裂けてもそんなことは言えない。
重たい荷物と一緒に流れてくる花がどれだけ厄介かと。
ちょっと横にしただけで、水がこぼれる花はどれだけ厄介かと。
出てくる文句は止まらない。
花だけ流れてくるのなら、とても素晴らしい仕事かもしれないが。

と、今年も母の日を2日前に感じたのだった。
例年に比べ、しんどくなかったのでよしとしよう。
それだけ母の日に花を贈る人が減っているのということか?
単に母の日にプレゼントを渡す人が減ったのか。
それとも花ではなく違うモノへとシフトしているのか。
後者であることを願いたい。

今年は何を贈ろうか。
考える暇もない。
ドラマでキムタクが言っていた。
「天は人の上に人つくりまくりだし、人の下にも人つくりまくり」

その通りだと思う。
容姿や親の職業など、どうしようもないトコロで判断される社会だ。
就職活動でもよく飛び交ったものだ。
“コネ”という言葉が。

今、『恋におちたら』というドラマがフジテレビ系列で放送されている。
このドラマに出演している松下奈緒さんは、人の上の上の上にいる人だろう。
あの美しい容姿で家は金持ち。
音楽の才能もあるそうだ。
まさに極上。

ドラマの題名どおり、恋に落ちてしまった。
ヒルズにではなく、松下奈緒さんに。

と、こんな痛い話は置いておいて、世の中平等ではないということだ。
だが、キムタクはこんなことも言っていた。
「でも、(下の人間が上の人間に)勝てるな」

勝つ方法はあるようだ。
ドラマの中では、熱さがキーポイントになると思われる。

熱さも重要だが、下だと言って卑下しないことがもっと重要だ。
人の可能性は無限大にあるはずだ。
スタートラインではなく、どれだけ伸びるかに注目していきたい。

これまで自分がどれだけ伸びてきたか。
今、自分はどのあたりに位置するのか。
残された少しの時間で、自分がどれだけ伸びることができるかに、賭けてみたい。
西と東はこんなにも違うものか。
再び思い知らされた。
朝テレビをつけるとワイドショーがやっていた。
新聞紹介のコーナーで朝日新聞が取り上げられた。

東京の1面と大阪の1面が違うことくらいは知っている。
価値判断の差が出るからだ。
コーナーの中で取り上げられたのは、東京の朝日新聞だった。
映し出される映像にとまどった。

JR福知山線のニュースがない。
下半分は曖昧にしか見えなかったので、なんともいえない。
たが、大阪でトップのニュースが上半分には確実になかった。

地方のニュース。
確かにそうだ。
こっちで取り上げられているような被害者ばかりの報道は、
東京はしないだろう。
違う地方だから。
でも、被害を生み出した要因の一つとして、
JR西日本の体質が挙げられている。
これは西だけの話か。
東にはないのか。
東になかったとしても、東京に本社を構える会社にはないのか。

ある新聞社の社長が、説明会でこう言った。
「私たちは、大阪と東京のニュースの価値判断を同じにする。そのため、(西と東の)1面は同じだ。これこそが全国紙と言える」

多様性が進む中、それはどうかと。
別に東京なら東京、大阪なら大阪の考えがあっていいと思う。
だが今回のように、歴史に残ってしまうような事件は、
どこの地方でも起こすべきでないし、起こってほしくない。
原因がただの事故でないため、注意を喚起するべきではないか。
どこの地方でも。

一面に取り上げろと言っているのではない。
ただ、今日は1面に取り上げても良い
『2運転士同乗 救助せず』
というニュースがあった。
人々が組織に対して厳しい視線を向けるためにも、大きく扱っていいのでは。

もしかしたら、JR東日本にも同じ体質があるかもしれない。
もしかしたら、東で起こっていたかもしれない。
今回のような被害を出さないために。
人々がいつどこで起こるかわからないことだと認識するために。
被害者の気持ちになれとは言わない。
同じ過ちを繰り返さないために、もう少し近づけてほしい。
西と東を。
この季節の夜風がとても好きだ。
バイト帰り、原付に乗りながら。
お出かけ帰り、自転車に乗りながら。
今日は久々にコンビニまで散歩しながら、夜風にあたった。

夜まで一度も家を出ていなかった。
引き籠もりと言われれば、そうかもしれない。
しかたがない。
今は勉強机に向かわなければならない。

心は外に出たい気持ちでいっぱいだ。
買い物、観光、旅。
行きたいところ、やりたいことはたくさんある。
だが今は禁欲生活だ。

気晴らしに浴びる夜風は一段と気持ちが良かった。
心地よい息抜きになった。

正直、かなり行き詰まっている状態にある。
ただ、下を向いているわけではない。
肌寒さを少し感じさせる、さわりの良いこの季節の風が好きだ。
この風が今の状態に変化を与えるくれることを祈る。
莫大なお金が発生する海外移籍ではない。
だからといって、国内移籍でもない。
ブログのサーバの移籍だ。

ここ最近パンクしているのか、開くことができなかった。
前にも一度移籍を考えたことがあった。
そのときはメンテナンスで持ち直したため、残留した。

だが、今回は移籍時だと思った。
不安定すぎた。
何をするにも安定しているのが一番だろう。
ヒデが使っているサーバに移籍金なしでサインした。

自分で言うのもなんだが、ビッグ移籍だ。
ロナウジーニョがレアルに移籍するくらいビッグだ。
ロナウドがザスパ草津にくるくらいビッグだ。
というよりサプライズだ。

これでおそらく更新できるようになる。
書くのがめんどくさいときがある。
何を書くか思いつかないことがある。
それでも更新しないと、何か切ない。
なんといっても、1年半以上更新し続けている。
日課になっているのだろう。
時間はバラバラかもしれないが、これからも更新したい。

オファーがきたわけではない。
自分から望んだ移籍だ。
活躍できるように頑張ろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。